※相変わらず現地で画像を撮影する余裕がなかったことにより、この記事には画像は多分それ程含まれません、また、記事中敬称は省略しております。

今回は0日目(電気外)と3日目にサークル参加しました。
―12/28(電気外)―
 今回は美少女ゲームブランドのコミケ当選が多かった 為か、feng、クロシェット/NanaWind等がコミケ一本に絞り、両イベント出展ブランドも多くなりました。前回集中したFAVORITEの出展も なく(ALcotとのコラボ商品はあった)、電気外の目玉は『土鍋』をメインに据えた久々のブランド出展となる、ゆずソフトかと思われていました(こちら もゆずソフトショップがあるが)。
 地元初電から(ry、土休日ダイヤにより前回より5分程早くベルサール新宿グランド到着。H-1のケロQ/枕 ブース列に並ぶ為に建物裏手へ向かい列最後尾へ、すぐに列移動を行いセブンイレブン付近で列固定、待機。建物北側で北風が直撃、敷地外の道路向こうのビル 反射光が差しこむまで日も当たらない寒い列でした…。適宜トイレに行き建物内で暖をとるのが正解だったのかも知れません。
 9時に開場し、少しず つ列が進むが思ったより人数が多く時間がかかる。壁を挟んで建物側のInnocent Grey列が全て建物内に入り、左前に牛歩のPurple software列を見ながら進む内にケロQ/枕福袋2限とゆず土鍋完売の知らせが入る(1限とTOYPLAのtwitter投稿から土鍋は搬入数自体が 少なかったと推測されたが)。ケロQ/枕福袋購入後、ゆずソフト列を横目に外から入口へ向かうが、この列が長いとはいえ、夏のエウシュリー?と比べるとま だ短い気も、と思いつつ入口へ到着すると、やはりエウシュリー列が屋内から続いていた。
 コミケ3日目の打ち合わせやらで合流し、その際に福袋を 開けると中身全てが布物らしく(個人的に音源だとか小物を期待してただけに収納に頭を悩ます)、等身大タペストリー2本、布団カバー、パーカー、Tシャツ を確認(後に調べると、公式通販での販売価格合計3万3千円分の当たり部類だったらしい)。しばし談笑後新宿駅へ向かい解散。私はその後秋葉原へ向かい、 Lump of Sugar新作の延期による追加特典ミニ色紙とGWAVE 2013 1st Progressを入手、再び西新宿へ。
  14:30開始のういんどみるのクリアファイル無料配布整列に出遅れてかなり後ろへ回るものの、回収成功の後に15:00開始のeufonie、 Innocent Grey、ケロQ/枕の(頑宣ch的な)3社合同トークショーに滑り込む。トークショーの内容は新作プロモーションが主で、途中アレなグラフィックを出し そうになったりするハプニング?も。じゃんけん大会については、3社とLose、Chuablesoft、ういんどみる、OVERDRIVEからも景品提 供があり、ケロQ/枕から狗神煌先生使用済み『あれ』(レッグマジック、と言うらしい筋トレ器具)のようなネタ的出品も。もっとも、今年のイベント運は 11/1(コミケ当選とLump of Sugarキャラバンのじゃんけん大会)で使い切ったのか、全く勝てませんでしたが。
戦利品@電気外他
戦利品@電気外他
(上から)ケロQ/枕福袋(『しゅぷれ〜むキャンディ 〜王道には王道たる理由があるんです!〜』ジャコシャワータペストリーセット、『素晴らしき日々』皆守パーカー、えびてん×ひまなつ コラボ布団カバー、『素晴らしき日々』Tシャツver.卓司)、
Lump of Sugar『世界と世界の真ん中で』発売延期特典愛良ミニ色紙、GWAVE 2013 1st Progress、ういんどみるOasis『はぴねす!えもーしょん』クリアファイル

 コミケ初日(12/29))と2日目(12/30)は頒布物製作と様子見(と言いつつ資金切れなだけだが)で自宅エアコミケ勢に。初日は企業ブースでの列形成中止が相次ぎ、2日目は艦これ、ラブライブ!スタッフ本等が盛況だった模様。

―12/31(C85 3日目)―
  地元初電ではなく6時過ぎの電車で出発。毎回初電ではコミケ参加者を多数見掛け、座席も早々に埋まる状況だったが、この時間の電車はガラガラで、コミケ参 加者も特快でサークル参加らしき荷物持ちの人を若干見掛けた程度。追加睡眠狙いで三鷹以西では珍しい千葉行に乗り換えたものの、暖房が弱く、貫通路に扉が ない為加減速時に風が流れて寒く睡眠失敗。節約でメトロを乗り継ぎ豊洲からゆりかもめで有明下車、サークル入場の人波に乗り館内へ。外でのドコモLTE Xiのパケ詰まりが嘘のように高速通信出来て拍子抜け。(位置ゲームの)foursquareでの国際展示場1000人到達(Epic Swarm Badgeロック解除)を確認して、サークルスペース設営、見本誌(メディアだけど)と準備カードの提出を行う。
朝の大三角
サークル入場時のビッグサイト大三角

サークルスペース
サークルスペース

 10時まで待機の後3日目開幕、頒布開始。もっとも、多くの参加者は東ホールやシャッター・壁サークルから廻る為、島中は午後勝負だと思っていたが、い わゆる男性向の日には東に一般参加してた感覚だと、予想以上に通路が空いているように見える不思議。その中で頒布物を手に取ってもらえると本当嬉しいです ね。
 やはり午後になり人通りが増え、15時半ぐらいに一気に減り16時にC85閉幕。片付けまで参加しようと思っていたが、時間がまだかかりそ うなのでお先に撤収し、出口の『現実→』看板でC85の閉幕を改めて実感。軽食程度しか摂っていなかった為、一気に空腹を感じて、豊洲のマクドナルドでと りあえずポテトLを一気に口に放り込みいつも通りに帰宅の途へ。

 まとめは、まず電気外から。土曜日ということもあってか入場者数は増加したようですが、コミケ企業ブースと比較すると(主に待ち時間的に)まだまだ快適で、物販購入、イベント参加もスムーズに行えたものだと考えます。
  こちらの場合、会場が住宅街やオフィス街のど真ん中なので、徹夜組やマナーにはより厳しくする必要があり、整列は完全に始発(5時ぐらい)後にくじ引きで 決定、会場内での座り込み(ある程度スペースを空ける必要はある?)を認める等、コミケと違う点がいくつかあります。規模や会場の構造が違う為に単純な話 ではないでしょうけど、コミケにも導入すべき運営方法というのがいくつかあるのかも知れません(もっとも、電気外も負担面と会場に不安定さはあるが)。
 続いて、C84とはうって変わって昼間は快適と言える天候の中開催されたC85、3日間の入場者数は昨年冬コミと比較して3万人減少した52万人ですが、計数方法に変更があったとのことで、厳密には比較できません。
 参照:  今回に関しては自ら会場内を動きまわった訳ではないので確証は持てませんが、twitter等での情報を見た限りでは、一部企業や、艦これ本・グッズを出 した大手サークル等に需要が集中し、長蛇の列となった印象です。企業ブースに関しては夏に引き続き色々と試しているようですが、根本的な解決とは言えない のが現状で、地道、確実な列整理と導線確保に徹するしかないのでしょうね…。艦これによる島中の突発的混雑は仕方なく、C86でのジャンルコード設定と C85での実績による配置で、ある程度解消されるのではないかと思われます。
 夏コミ以降の出来事として、黒子のバスケ脅迫事件の犯人が一応逮捕されたこと、成年向表現の商業誌準拠への対応(参照:【注意喚起】コミックマーケットにおける頒布物の表現について)、2020年オリンピック開催地の東京への決定、コミケットSP6の幕張メッセ開催決定、辺りが挙げられるでしょうか。
 脅迫により1ジャンルまるごと空白となったコミケは1年前でしたか。前例を作ってしまったことから、今後も似たような事件が起きる可能性もありますが、ひとまず落ち着いたと言って良いでしょうか。
 成年向表現基準の件については、商業誌準拠とはしたものの、一目で分かる明確な基準が無いという点で、チキンレースか萎縮かに傾く危険な状態にもなりかねない為、ある程度で落ち着くことを願います。
  東京オリンピック、SP6に関しては…国際化の意味もありますが、やはり、オリンピックによりビッグサイトが使用不可能な期間の代替会場選定の意味もある のでしょうね…。現実的にビッグサイトクラスのハコとなると国内では幕張メッセかインテックス大阪しかないはずですが、幕張追い出しと晴海会場リターンを 経験した世代からの反応は気になる所。オリンピック以降まで考えると、ビッグサイト拡張等の影響もありそうですが、老朽化を考えると何とも言えない気もし ます。

 今回は初めてサークル側で参加しましたが、初めて知ることも多く良い経験になったと思います。緊張で対応が雑になってしまった点はすみません。周辺サークル、スタッフ、大学の身内、そしてお越しになった皆様、ありがとうございました。
 身内分を差し引くと初参加相応の頒布数だと思われ、下の方の画像の通りに在庫多数ですが、次のイベント参加は未定なのでしばらく眠らせることになりそうです。
  反省点として、試聴機をどうするか、という点があります(現地に着いてから試聴機出してるサークルが割とあることに気付く)。ノートPCだとスペースをと り、バッテリもネックとなるので、タブレット端末が最適解なのでしょうかね。携帯機の手もありますが、こちらは端末による音質の癖や操作性がネックかも知 れません。いわゆる薄い本のように表紙買い、ということを全く期待していなかった為事前宣伝に徹していましたが、大きいサイズのボードに曲別の解説を入れ る等、当日宣伝の方法は検討の余地があると思いました。また新譜を創れたら何かしらのイベントに万全の体制でサークル参加したいと思います。

帰りの国展駅前
帰りの有明駅から見た国際展示場駅前

戦利品@C85-1 無人少女、Colony*
C85戦利品(代理購入でこのワードでいいのか?)
@『無人少女』グッズセットと新刊、『Colony*』新刊セット

戦利品@C85-2
C85戦利品@(左上から)『アレプリコス』、『practice』、『Marvelous Grace』
『猫茶畑』、『NYAGO』各新刊、『1001色素♂』新刊と既刊

在庫
在庫